年収1000万でも生活が苦しいって本当?実際のところを教えて!

年収1000万
  • 年収が1000万に到達したのに生活が苦しいって聞くけど本当?
  • 年収1000万って一番損って聞くけど。。。
  • そもそも年収1000万って目指さない方が良いの?
  • オススメのコスト削減方法を教えて!

こういった疑問に答えます。

スポンサーリンク

年収1000万でも生活が苦しいって本当?実際のところを教えて!

「年収1000万」と検索すると、そもそも「なりたい」とか「嬉しい」というポジティブな記事よりも、より少しネガティブな記事を多く目にします。

実際のところはその人の生活スタイルにも依りますが、個人的な感覚でいうと全然苦しくないです。

タクゾー自身で言えば、年収が低かった時よりも自由に使えるお金も増えましたし、何よりもやりたいことの選択の幅が広がりました。

なぜ年収1000万(もしくは以上)なのに、なぜ生活が苦しいと言われるのか?

ネットやYouTubeで「年収1000万+苦しい」などで検索すると、以下のような情報が多く見つかります。

・仕事が忙しく時間がない
・貯金できない、もしくは貯金が全くない
・税金が高いだけではなく、控除が受けられない

では本当にこの情報が正しいのか?というと、当てはまらないケースもありますので、それぞれを見てみましょう。

仕事が忙しく時間がない

これは、「企業勤めで年収1000万の仕事に対してのコメント」だと思います。

最近は一部の会社ではAIなどの特殊技能取得者には新卒でも高額な給料が提示されるようなケースもあるようですが、内資(日系)企業で年収を上げる方法は「出世」です。

そして出世すると大抵の場合が「管理」の仕事が増えることが多いです。

つまり管理職ですね。

人やタスクの管理は時間がかかることが多く、その結果、業務が多忙になる傾向があります。

特に内資企業ですと、年収1000万というとある程度の役職者であったり、そもそも業務が忙しい会社であるケースが多いと思います。

インセンティブ比率が高い営業職もこれに当たるでしょう。

その一方で、さほど忙しくなくても年収1000万以上の仕事は沢山あります。

つまり、この情報は就業している業種や職務内容にやその人の働き方にも依存します。

例えば、管理職でなくても年収が高い仕事を選択することで、「高年収=多忙」という構図からの回避が可能です。

実際、タクゾーも以前は内資企業の管理職でしたし、現在は外資企業のペーペーエンジニアですが、月平均の残業時間はほぼゼロに近いので、選択する仕事に依存するのは間違いないでしょう。

貯金できない、もしくは貯金が全くない

年収1000万もしくはそれ以上の年収にもかかわらず、なぜ貯金ができないのか?

この殆どのケースは、知らない間に生活費を上げてしまっているケースが多いです。

年収1000万というと人口の4.5%と言われていますので、多少の見栄が出てきます。

分かりやすいのが、

・何個も持っているブランドバック
・高級外車
・高級店での外食

などでしょうか。

自由に使えるお金が増えると、使いもしないものに「ストレスの発散」と称して、同じものの色違い、サイズ違い、モデル違いなどを収集してしまうというのはよくあることです。

年収が徐々に上がる過程で購買欲が増し、国産車から外車に乗り換えたり、また高級レストランなどでの外食が増えがちになるのは、分かりやすい消費行動です。

もし生活レベルが変わらず年収だけが一気に上がる場合では、使えるお金が十分に手元に残るの可能性もありますので、きっと貯金もできるでしょう。

中古の外車 vs. 新車の国産車

ある程度年収が増えると、車好きなら外車を所有したいという気持ちが芽生えます。

そこでコストを考え、外車を中古で購入する場合があると思います。

例えば、中古の300万円が外車(新車で500~600万円)と、新車で300万円の国産車を比較すると、同じ300万円なら、装備が良くて見栄も張れるので中古の外車を選択してしまいます。

外車の国産車の大きな違いは、メンテンナンス費と保険料です。

外車の場合、国産車よりも部品の交換サイクルが早いため定期的な部品交換が必要です。

中古の外車の場合、数万から数十万のメンテナンス費が毎年のように掛かってしまうケースもあります。

また保険コストも高額です。

タクゾーは20年ぶりに新車の国産車に買い換え、メンテナンス費と保険料で年間でも大幅なコスト削減が出来ました。

年収1000万って一番損って聞くけどなぜ?

年収が増えるにつれて話題になるの大きくは2つです。

・所得税
・児童手当や高校の学費無償化の対象外など

所得税

以前こちらで纏めましたが、年収別の額面と手取りを比較したものです。

年収(額面)300万500万800万1000万1500万
手取り230~240万370万~380万570万~580万710万~720万1010万~1020万
月額約20万約30万約48万約60万約84万
時給1,333円2,000円3,200円4,000円5,600円
差引額の割合約21.6%約25%約28%約28.5%約32%
年収別概算(※時給は150時間で割った値)

例えば年収300万だと控除額は60万~70万円ですが、年収1500万だと約500万円近く控除されることになります。

確かに払う納税額だけを比較すると、少額で済む年収300万の方がお得(損をしない)ように感じますが、実際どちらがお金を使えるかと考えると年収1500万の人の方です。

大事なのは、生活コスト(支出)を減らし、手元に残るお金がどれだけ残るのか?ということです。

児童手当や高校の学費無償化が対象外など

こういった手当の対象は年収に依存します。お子さんが高校生なのか否かでも、損・得の分かれ目の年収があります。

但し、年収1000万を超えるをこういった手当は対象になりません。

年収1000万が損といわれるのは、正にこういった理由からです。

そもそも年収1000万って目指さない方が良いの?

冒頭でもコメントしましたが、年収1000万で検索するとネガティブな情報が多く出てきます。

確かに税金や手当の優遇などを考慮すると、損という感じはしてしまいます。

そして年収1000万というは目指すゴールではないかもしれません。

ただし、いろいろなことに挑戦したいと思ったときに、多少なりともお金があった方が挑戦もしやすいのも事実です。

増えた年収分は新しい挑戦のために再投資をすることで、また次の収益につなげることができます。

年収に拘るの多くの場合は、就業先からの収入で生活するケースであり、もし就業先以外からの副収入があれば考え方はガラッと変わります。

副業・副収入は年収1000万への近道?副業や投資はやったほうが良いよ
「世の中、副業が流行りだけどやった方が良いの?年収が低いわけではないんだけど、副収入を得るにはどうすれば良い?不動産、FX、アフィリエイトなど副業、投資などあるけれどメリット・デメリットが知りたい」←こんな疑問に答えます。

老後2000万円問題が社会問題の一つとなっていますが、自身がなくなる直前まで毎月コンスタントに収入がある環境を作れれば、極端な貯蓄も不要ですし毎月の生活も不安ではなくなります。

そのためには、会社に依存せずとも収入を得られるような仕組みを作る必要があります。

おすすめのコスト削減方法を教えて!

生活レベルが自然と上がってしまった中で、いざ節約しよう!と思った時に始めることは、まず拘りを捨てることです。

拘りは物欲や所有欲に繋がり、結果、そのブランドにお金を払うことが嬉しいと感じますが、多くの商品や製品、サービスは同等の機能を持っていることが多く、代替品でも不便になることはほとんどありません。

その中でオススメしたい手法が2つあります。

・携帯代(通信費)を見直す
・車を手放し、カーシェアリングに切り替える

この二つは、住んでいるエリアによっては有効ではない可能性がありますので、ご自身に合っているいる手法がは確認する必要があります。

携帯代(通信費)を見直す

携帯キャリアの通信費はいつも課題に上がりますが、どのキャリアを使っても日本なのでちゃんとつながります。

実際、先日地方に日帰りで出張しましたが、新幹線の中やパートナーエリアでも利用に全く問題ありませんでした。

多くの人がスマートフォンを持っているかと思いますが、月1万円以上払っているというのを耳にします。

タクゾーも仕事で携帯を使うため、毎月1万円以上を払っていましたが、先日Rakuten UN-LIMITに変えたところ、月額のコストが1/10以下になりました。

また楽天モバイルでは、端末代も楽天ポイントで還元してくれますので実質タダになったりします。

しかも、下取りプログラムもあります。

上手く活用することで、年間で一人でも10万円近く、家族全員ならボーナスレベルでのコストカットが可能です。

車を手放し、カーシェアリングに切り替える

毎日1時間など車を利用する方は車を所有したほうが良いですが、週末や平日も近所のみしか利用しないのであれば、カーシェアもしくはタクシーを利用したほうがコスト削減になります。

車は新車でも、納車されたとたんに価値の1/3は償却されます。

もし300万円の新車を購入した場合、翌日には200万円の価値になります。

100万円分をタクシーもしくはカーシェアにお金を使うというのはなかなか大変ですし、毎週末に1万円でレンタカーを借りたとしても52万円で済みます。

普段から頻繁に車を必要としないのであれば、思い切って車を手放すというのも良い手段ではないでしょうか??

まとめ

本日は多くの人が憧れる、もしくは目標にされているかもしれない年収1000万の実情についてコメントしました。

年収1000万は大して裕福ではないのは事実ですが、中には裕福と感じ、お金を消費してしまうことで貧しくなってしまう人もいるのは事実です。

生活費を上げなければ、貧しいと感じることはありません。

多少のお金を持っていることは安心につながりますし、次の挑戦のための資金にも使えます。

ですので、年収1000万は一つの通過点として考え、資産形成などや継続的に収入が入ってくる仕組みの構築のために投資をするのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました